恵泉女学園大学

MENU
キリスト教センター

様々な音色の組み合わせを楽しむ

色々な音が様々に組み合わさるオルガン。多声音楽において基礎となるメロディと、他のグループで構成されるメロディで伴奏をつけることができるのが特徴です。この独特の手法は、ヨハン・セバスチャン・バッハや同時代の作曲家たちの音楽に必要不可欠な存在でした。 オルガンの音色を「聴き分ける」能力を身につけ、チャペルで催されるコンサートで、様々な音色を発見してください。

オルガニストのウィム・ディーペンホルスツさんの写真

オルガニストのウィム・ディーペンホルスツさんは記念コンサートに先立ち、ハンス・ライル氏の解説に合わせてオルガンの様々な音色を聞かせてくださいました。

パイプオルガンの写真