3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

学科の教育課程で定める授業科目を履修し、基準となる単位数を取得し、英語コミュニケーション学科の人材養成目的を踏まえた以下の知識・能力を身につけた者に「学士(人文学)」の学位を授与する。

  1. 正確な英語運用能力と豊かな感性・対話スキルを身につけ、教育・生活上の実践的な場面で、多様な言語的・文化的背景の人々と英語でのコミュニケーションを行うことができる。
  2. 言語としての英語や英語圏の言語芸術・文化・社会等に関する専門的知識を有すると共に、さらに幅広く国内外の言語・文化・社会等についても関心を広げ理解しようとする態度を身につけている。
  3. (2018年度入学生まで)英語科教職課程においては、教員として指導するための必要かつ十分な知識と教授法及び高度な総合的英語力を身につけるとともに、実践的な指導を行う能力を持ち、卒業後す ぐに英語関係の多様な種類のいずれかの教壇に立つことができる。
  4. 言語力の養成を通じ、情報を批判的に読み取る力と論理的・多角的な思考方法を身につけ、自らの考えを英語や日本語で的確に表現することができる。

カリキュラム・ポリシー

英語コミュニケーション学科では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた知識・技能などを修得させるために、次のような方針でカリキュラムを編成している。

  1. 英語の4技能を実践的に学ぶ科目群と二コース科目群 ①英語、および英語圏の言語芸術・文化・社会等に関する専門的知識を学ぶ英語文化コースの科目群 ②英語、及び英語教育に関する知識と技能を習得する英語教育コースの科目群、これら両者を配置する。これにより、英語でのコミュニケーションに必要な英語運用能力と教養、及び自分とは異なる他者・異文化への理解力と共感力を培う。
  2. 主として1・2年次において、英語の4技能を実践的に学ぶ科目群を設置し、基礎的な 英語力を強化する。
  3. 1年次~4年次には演習(ゼミ)を配置し、英語を切り口として言語・文化・社会・歴史・教育等の諸側面について深く探求する。その際、情報を読み取り思考した上で自分の 考えをまとめ言語で表現する能動的・主体的な言語力活動を重視する。特に3年次には自らの研究課題を選択し、4年次にはこれを深め適切な方法で研究をすすめ、指導教員の個別指導のもとでその成果を卒業論文か卒業課題にまとめる。
  4. 4年間を通じ、学科に関連する全ての授業で双方向的な対話やディスカッション、他者 と協働する活動も多く取り入れる。これにより、思考力・判断力・表現力や豊かな感性・対話スキルを養うと共に、文化・価値観の多様性に対する寛容性と受容力を培う。
  5. 上記2の英語の4技能を実践的に学ぶ科目群、及び上記3の1年次~4年次の演習(ゼミ)では、身近な生活あるいは国内外の言語・文化・社会・歴史・教育等の諸側面について、英語を用いて情報を読み取ったり表現したりする活動を多用する。これにより、英語 や英語圏にとどまらず、国内外の言語・文化・社会等にも視野を広げ関心を深める。

アドミッション・ポリシー

本学科の学びの内容を理解し、次のような目的意識や意欲をもった学生を求める。

  1. 知識・技能面では、英語について基礎的な知識・技能を修得していること。
  2. 思考力・表現力の面では、人と人とのコミュニケーションの重要性を認識した上で、基礎的な思考力と基礎的な表現力を有していること。
  3. 主体性の面では、①人と人とのコミュニケーションの実践に積極的に取り組みたいとい う意欲 ②英語への興味・関心と英語習得のための真摯な努力を惜しまない姿勢 ③英語を通じ異文化について深く理解し考えたいという態度、の三つを有していること。

入学者選抜においては、受験生が身につけた能力を幅広く評価するために、以下のような入学試験を行っている。

  1. 「一般入試」においては、本学独自の入学試験によって、高等学校等までに身につけた基礎的な学力、思考力、表現力を評価する。
  2. 「センター利用入試」においては、大学入試センター試験の成績によって基礎的な学力を評価し、合否を判定する。
  3. 「指定校推薦入試」においては、推薦指定校としている高等学校に大学から推薦の条件を示し、面接試験を通して本学で学ぶ意欲があることを確認している。
  4. 「AO入試」においては、模擬授業とレポートを通して基礎的な学習能力を評価するとともに、面接試験によって人物と学習意欲を判断し、合否を判定している。
  5. 上記の他「社会人入試」「編入学入試」「留学生入試」において、小論文と面接を通して基礎的な学習能力と学習意欲を評価し、合否の判定を行う。
upBtn