恵泉女学園大学

MENU
研究機構・公開講座

歌の国、愛の国イタリア-オペラを楽しむ-

主催:平和文化研究所  講師: 森田 学(もりた まなぶ) 氏 

アモーレ(愛)、カンターレ(歌うこと)、マンジャーレ(食べること)を追求する国イタリア。そこで生まれたオペラは、文化や教養、芸術がしっかり凝縮され、伝統の中で育まれてきた最高の贅沢品です。そんなイタリアの魅力がいっぱいつまったオペラを一緒に楽しんで行きましょう。基本的な解説だけでなく、実際にDVDなどで作品を鑑賞しながら、イタリア人のメンタリティーにも触れてみましょう。

◆ 参考資料

■指定教科書:『オペラのイタリア語』 三修社、1,500円

日程

  • 第1回 歌の国、愛の国イタリア

  • 2009年9月26日(土) 10:00~11:30

  • 親しみやあこがれを感じる国イタリア。イタリアという土地、そこに住む人たちについて知りつつ、オペラがどのようにして生まれてきたのか見て行きましょう。

  • 第2回 愛の神か?惚れ薬か?

  • 2009年10月10日(土) 10:00~11:30

  • ドニゼッティ《愛の妙薬》をとりあげます。ドゥルカマーラ先生が、バスク地方のある村にやって来たというお話です。

  • 第3回 聖書を題材にしたオペラ

  • 2009年10月31日(土) 10:00~11:30

  • ヴェルディ《ナブッコ》をとりあげます。有名な合唱曲〈行け、わが思いよ〉を中心に旧約聖書とオペラについて見ていきましょう。

  • 第4回 小説とオペラ

  • 2009年11月28日(土) 10:00~11:30

  • ドニゼッティ《ランメルモルのルチーア》をとりあげます。スコットランドを舞台にした悲しい恋の物語です。

  • 第5回 愛とは何か、ご存知ですか?

  • 2009年12月5日(土) 10:00~11:30

  • ジョルダーノ《アンドレア・シェニエ》をとりあげます。フランス革命を題材としながらも、詩人と貴族の娘との恋がそこに絶妙に絡んでいます。

  • 第6回 クリスマスの素敵な出会い

  • 2009年12月12日(土) ※日程が変更になりました。 10:00~11:30

  • プッチーニ《ラ・ボエーム》をとりあげます。クリスマスのパリで素敵な?出会いをする若者2人。その恋の行方を見て行きましょう。

講義データ

講義名 歌の国、愛の国イタリア-オペラを楽しむ-
講師 森田 学(もりた まなぶ) 氏
講座番号 109288
場所・交通アクセス 本学 多摩キャンパス 教室
恵泉女学園大学の交通案内
定員 30名
期間 2009年9月26日(土)から2009年12月12日(土) ※日程が変更になりました。(全6回)
受講料(材料費・費用) 全6回 9,000円 全回申込のみ
友人にすすめる メールを送る(メールソフトが起動します)

お申し込みについて

受付終了  申込締切:2009年9月16日(水)

詳しいお申し込みの手順、受講料のお支払い方法等は受講申込についてページをご覧ください。
※申込締切日は各講座により異なりますのでご注意ください。

【講師紹介】

森田 学(もりた まなぶ)

東京芸術大学卒業。ボローニャ大学大学院で自由研究員として研究活動をおこなった後に帰国。現在、国立音楽大学、早稲田大学EC、本学で教鞭を執る。オペラ歌手としてジェノヴァ・カルロ・フェリーチェ劇場、メキシコ・セルバンテス芸術祭、新国立劇場などでこれまで歌った。著書に『歌うイタリア語ハンドブック』、『イタリアのオペラと歌曲を知る12章』(編者)など他多数。