講演会 「河井道記念 恵泉(多摩)がん哲学外来グリーンライブ・カフェ」

主催:園芸文化研究所 講師: 樋野 興夫 氏 

人間は、自分では「希望のない状況」であると思ったとしても、「人生の方からは期待されている存在」であると実感する深い学びの時が与えられています。その時、「その人らしいものが発動」してくるのではないでしょうか。「希望」は、「明日が世界の終わりでも、私は今日りんごの木を植える」行為を起こすものでありましょう。

既存の「がん相談」や「セカンドオピニオン相談」とは異なる"ニッチ(すき間)"なのでしょう。『がん哲学外来』は対話型外来が基本です。『がん哲学外来』は、生きることの根源的な意味を考えようとする患者と、がん細胞の発生と成長に哲学的な意味を見出そうとする「陣営の外」に出る病理学者の出会いの場でもありましょう。そしてその場所を『がん哲学外来』メディカルカフェと呼んでいます。

多摩市立グリーンライブセンターのメディカルカフェには、加えてみどりの環境を提供します。グリーンが皆さんの思いを和らげます。憩いの場で、ゆったりと樋野興夫先生のお話とみなさんのトークで、共に支えあう多摩のグリーンライブ・カフェといたしましょう。有機栽培のコーヒーとお菓子がお待ちしています。日本茶も用意しております。語らいの時間を、お過ごしください。皆様のお越しをお待ちしています。

なお、講演会終了後16時から17時の間に、樋野興夫先生と個人面談(1組30分以内)をご希望される方は、Web・FAX・郵送で予約を受けます。

樋野興夫先生の講演会だけの方は、予約不要です。

個人面談は、予約が必要です(2組まで)。

時間・曜日

◆ 開催時間:14:30~16:00
◆ 開催曜日:土曜日

日程

  • 第1回 

  • 開催日:2012年6月9日

講義データ

講義名 講演会 「河井道記念 恵泉(多摩)がん哲学外来グリーンライブ・カフェ」
講師 樋野 興夫 氏
講座番号 212369
定員 講演会は40名(予約不要)、個人面談は2組(要予約)名
期間 2012年6月9日 (全1回)
受講料(材料費・費用) 申込不要
全1回:無料
友人にすすめる メールを送る(メールソフトが起動します)

お申し込みについて

受付終了 個人面談予約を終了いたします。講演会は予約はいりません。お出かけください。
 申込締切:2012年6月1日(火)

詳しいお申し込みの手順、受講料のお支払い方法等は受講手続きのご案内ページをご覧ください。
※申込締切日は各講座により異なりますのでご注意ください。

【講師紹介】

樋野 興夫

ひの おきお 順天堂大学医学部・病理・腫瘍学教授、学校法人恵泉女学園理事。 1954年島根県生まれ。 癌研病理部、米国アインシュタイン医科大学肝臓研究センター、米国フォックスチェースが んセンター、癌研実験病理部長を経て現職。 日本家族性腫瘍学会理事長、日本癌学会理事、日本肝臓学会の評議員ほか、第99回日本病 理学会総会会長を歴任。 肝臓および腎臓の研究で、日本癌学会奨励賞、日本実験動物学会賞、癌研究会学術賞、高松 宮妃癌研究基金学術賞、「新渡戸・南原基金」第一回「新渡戸・南原賞」、「アスベスト・ 中皮腫外来」で東京都医師会賞などを受賞。 2008年1~3月順天堂大学医学部附属順天堂医院で「がん哲学外来」を開設、予約が殺到する。 その後、都内や横浜で同外来を開設し、各地で好評を得る。 【客員教授】明治薬科大学、近畿大学、信州大学 【専門分野】病理学、発がん(肝発癌と腎発癌)、癌の遺伝学、癌哲学
 
upBtn