シンポジウム 2012年東アジアの新たな平和をどう構築するか
-東アジアの核とエネルギー問題を中心に-

主催:平和文化研究所 講師: 韓洪九氏、和田 春樹氏、莫邦富氏、村井 吉敬氏、上村 英明氏、司会:内海 愛子 氏 

恵泉スプリング・フェスティバルに開催(2011年5月28日)

2010年は韓国強制併合100年目の年でありました。朝鮮半島西海での南北武力衝突、尖閣諸島での中国漁船衝突事件などで、東アジアがいまだ紛争地であり、平和秩序が構築されてないことを改めて認識しました。
2012年は米国・韓国大統領選挙、金日成誕生100年、中国では胡錦濤総書記が退く第18回党大会を控えているなど東アジアの秩序変革の重要な年になりそうです。今回の東日本大震災により、核とエネルギーの安全保障をどうするかが喫緊の課題となりました。今年2011年、私たちは2012年に向けてどういう東アジア平和構想を作っていくべきでしょうか?
日・中・韓の専門家をお呼びしてその議論を展開していきます。

パネリスト(順不同)
韓洪九(韓国・聖公会大学教授) 朝鮮半島の危機と平和秩序構築
和田春樹(東京大学名誉教授)  北朝鮮の権力継承と冷戦構造の解体
莫邦富(作家・ジャーナリスト)   中国の経済成長と東アジアの未来

コメンテーター(順不同)
村井吉敬(早稲田大学客員教授)-東南アジアの視点から 
上村英明(恵泉女学園大学教授)-日本の視点から

司会:内海愛子(恵泉女学園大学名誉教授)

パネリスト等は、予定で変更になる場合もあります。

時間・曜日

◆ 開催時間:10:30~12:30
◆ 開催曜日:土曜日

日程

  •  

  • 開催日:2011年5月28日(土)

講義データ

講義名 シンポジウム 2012年東アジアの新たな平和をどう構築するか
-東アジアの核とエネルギー問題を中心に-
講師 韓洪九氏、和田 春樹氏、莫邦富氏、村井 吉敬氏、上村 英明氏、司会:内海 愛子 氏
講座番号 111352
場所・交通アクセス 本学多摩キャンパス
恵泉女学園大学の交通案内
定員 250名
期間 2011年5月28日(土) (全1回)
受講料(材料費・費用) 申込不要
全1回:無料
友人にすすめる メールを送る(メールソフトが起動します)

お申し込みについて

申込不要 開催します

詳しいお申し込みの手順、受講料のお支払い方法等は受講手続きのご案内ページをご覧ください。
※申込締切日は各講座により異なりますのでご注意ください。

【講師紹介】

韓洪九氏、和田 春樹氏、莫邦富氏、村井 吉敬氏、上村 英明氏、司会:内海 愛子

 
upBtn