野村和子先生と行く スコティッシュガーデンめぐりの旅

主催:園芸文化研究所 講師: 野村 和子 氏 

第4回目を迎えたイギリスのガーデンめぐりの旅は、スコットランドの自然を見てまわります。
14世紀から19世紀のお城、ガーデン、見どころ満点のバラの庭、大きな木々のパスなど。
エジンバラ、パース、アバディーンの町並みも見どころ。ゴルフ発祥の地セントアンドリュースの近くもバスで通過したりし、スコットランドの様々な風景をお楽しみ頂けます。

◆参加をご検討されたい方は、電話またはFAXで、リーフレットを御請求ください。

◆2月23日(水)より、リーフレット(日程表等)、お申込書等の必要書類の発送を開始します。

◆参加をご検討されている方の旅行説明会を、3月12日(土)13:00 を、3月16日(水)15:00からに開催を変更します。

◆3月15日以降もこのサイトからのお申込は、すべて資料請求扱いとなります。旅行参加申込は、上記の必要書類等のご提出が必要です。

◆参加メンバーの方の旅行説明会は、5月23日(月)13:20から開催します。


◇旅行の手配は、(株)ジャックラビット様が行います。
問い合わせ電話 045-651-1340、FAX 045-651-3276
email peace@jackrabbit.jp

旅行日程(予定)

第1日 6月22日
07:55 成田空港集合、ロンドン経由、エジンバラ空港へ、到着後パースへ。パース泊

第2日 6月23日
ブランクリン・ガーデンドラモンド・ガーデン見学。パース泊

第3日 6月24日
ピットミュイーズ・ガーデン見学アバディーン市内見学。アバディーン泊

第4日 6月25日
クラシズ城・ガーデンドラム城ガーデン見学。アバディーン泊

第5日 6月26日
セント・アンドリュース経由で、ケリー城・ガーデン見学、エジンバラ市内見学。
エジンバラ泊

第6日 2011年6月27日
ベンモア植物園見学。エジンバラ泊

第7日 6月28日
王立エジンバラ植物園見学、さよならディナー。エジンバラ泊

第8日 6月29日
空港へ、ロンドン経由で日本へ

第9日 6月30日
成田空港着。解散。

スコティッシュガーデン

スコットランド

【ツアーリーダー】

西村悟郎(本学人文学部教授)
千葉大学大学院園芸学研究科修士課程修了、大阪府立大学大学院農学研究科博士課程修了、米国カリフォルニア大学アーヴァイン校生物学部大学院留学。神戸大学理学部より学術博士号取得。1993~94年イギリス王立園芸協会ウィズレ―ガーデン滞在。 A-Z園芸植物百科事典(Aの項翻訳担当)(誠文堂新光社) 現在、恵泉女学園大学人文学部教授。今期公開講座「イギリスの庭園文化の歴史」担当。

西村悟郎

野村和子先生の公開講座はこちらです。
バラを育てて楽しむ(1)
バラを育てて楽しむ(2)

西村悟郎先生の公開講座はこちらです。
イギリスの庭園文化の歴史

時間・曜日


講義データ

講義名 野村和子先生と行く スコティッシュガーデンめぐりの旅
講師 野村 和子 氏
講座番号 211294
場所・交通アクセス イギリス・スコットランド地方
定員 募集人員:30(最少催行人員20名)名
受講料(材料費・費用) 全回申込のみ
全7泊9日回:418,000 円
(2名1室、空港税、燃油サーチャージ、航空保険料は別途) 1人部屋追加代金: 59,000円
友人にすすめる メールを送る(メールソフトが起動します)

お申し込みについて

受付終了 催行決定です。  申込締切:2011年4月8日(金)

詳しいお申し込みの手順、受講料のお支払い方法等は受講手続きのご案内ページをご覧ください。
※申込締切日は各講座により異なりますのでご注意ください。

【講師紹介】

野村 和子

のむら かずこ 恵泉女学園中学高校および短期大学園芸科卒業。京成バラ園芸(株)研究所にて鈴木省三の助手を務める。その後千葉市花の美術館でみどりの相談員をしながら、NPOバラ文化研究所の副理事長として佐倉市草ぶえの丘バラ園の運営と管理に携わり現在に至る。越後国際香のバラコンクール審査員。著書『オールドローズ花図譜』(小学館)、『オールドローズ』(NHK出版)、『四季の花だより』(千葉市みどりの協会)などの他共著、監修書多数。平成20年度園芸文化賞受賞。
 
upBtn