【恵泉デー・恵泉祭】鎌仲ひとみ監督トークショー

主催者:KARA、後援:平和文化研究所 講師: 鎌仲ひとみ 氏 

KARA(恵泉*原子力を考える会)は、「鎌仲ひとみ監督トークショー」を行います!3・11の福島原発事故により注目を浴びている原子力。半年以上たった今、改めて見えてきたこと。これから原子力やエネルギーというものに、どう向き合っていくのか。原子力やエネルギーに関わる作品を制作されてきた鎌仲監督のお話を聞きながら、一緒に考えてみませんか?
(内容が変更される場合があります。あらかじめご了承ください。)
開場:11時
開始:11時15分

終了予定:13時30分

〈恵泉デー・恵泉祭〉開催中です(11月5~6日)。
多摩センターからのスクールバスは臨時ダイヤで運行いたします。
駐車場がございませんので、スクールバスや路線バス等をご利用ください。

時間・曜日

◆ 開催時間:11:00~13:30
◆ 開催曜日:日曜日

日程

  • 第1回 

  • 開催日:2011年11月6日

講義データ

講義名 【恵泉デー・恵泉祭】鎌仲ひとみ監督トークショー
講師 鎌仲ひとみ 氏
場所・交通アクセス G棟3階301教室
恵泉女学園大学の交通案内
定員 120名
期間 2011年11月6日 (全1回)
受講料(材料費・費用) 申込不要
全1回:無料
友人にすすめる メールを送る(メールソフトが起動します)

お申し込みについて

申込不要 ご来場ありがとうございました。無事盛会で終了することができました。

詳しいお申し込みの手順、受講料のお支払い方法等は受講手続きのご案内ページをご覧ください。
※申込締切日は各講座により異なりますのでご注意ください。

【講師紹介】

鎌仲ひとみ

かまなか ひとみ
早稲田大学卒業と同時にフリーの助監督としてドキュメンタリー制作の現場へ。 93年からNYのペーパータイガーに参加してメディア・アクティビスト活動。95年 帰国以来、フリーの映像作家としてテレビ、映画の監督をつとめる。主にNHKで 医療、経済、環境をテーマにした番組を多数制作。 2003年にドキュメンタリー映画「ヒバクシャー世界の終わりに」で国内外で数々 の賞を受賞し、2006年「六ヶ所村ラプソディー」は全国650か所で上映された。 最新作「ミツバチの羽音と地球の回転」には、全国各地から自主上映の申し込み が相次いでいる。多摩美術大学、国際基督教大学で非常勤講師をつとめる。 著書に『ヒバクシャードキュメンタリー映画の現場から』(影書房)、共著に 『内部被曝の脅威』(ちくま新書)「今こそ、エネルギーシフト」(岩波書店) など。
 
upBtn