花壇ボランティア養成講座 入門編

主催:園芸文化研究所 講師: 山 浩美 氏 

花と緑のある暮らしは、私たちに潤いのある生活をもたらしてくれます。

季節の花が咲いている街は、ただ美しいばかりではなく、その花たちを地域のみなさんが見守り育てていくことで、地域の安全やコミュニティーの形成・暮らしやすい環境づくりなど、生活する上で役に立つことに広くかかわっています。

この講座では、実際にボランティア活動をやっている方、ボランティア活動をやってみたい方、花壇ボランティアって何だろう?と思っている方を対象に、花壇のデザインを学び、実際に作って、維持管理をしていくことで必要最低限の手間できれいな花壇をつくることを学んでいただきます。

ボランティアは無償の労働ではありません。気持ち良く継続して活動を続けるためにもボランティアの役割や権利を知って花壇を作っていきましょう。

春期は、ボランティアや花壇デザインについての講義があります。秋期9月からは、実際にタネを播くことから始めて苗をつくり花壇に植えていくという実習がプラスされます。

園芸の初心者から上級者まで、それぞれが楽しんで花壇づくりの技術や知識を習得していただけるように、大切なポイントをしぼってお教えします。地域の園芸活動のみならず、家庭の園芸においても応用のきく「園芸の楽しさ」を味わっていただける講座です。

◆ 各回共通の持ち物

作業服、エプロン・手袋等。天候次第で雨具。作業靴:希望者には、大学の授業で使用している学生用長靴をお貸しします。申込時に、「連絡メモ」欄でサイズをお知らせください。

時間・曜日

◆ 開催時間:13:20~14:50
◆ 開催曜日:水曜日

日程

  • 第1回 花壇ボランティアの役割と活動

  • 開催日:2010年4月14日(水)

  • 花壇ボランティアとは何か、および花壇ボランティアが行う作業やその流れについて
  • 第2回 花壇をデザインするための基礎的な知識

  • 開催日:2010年4月28日(水)

  • 美しい花壇とはどういうものなのか。 色のもつ意味や配色パターンなどについても実例をあげて紹介します。
  • 第3回 花壇に用いる草花について

  • 開催日:2010年5月19日(水)

  • 花壇に使われる一年草について説明します。
  • 第4回 花壇設計

  • 開催日:2010年6月2日(水)

  • 後期に実際に植えつける花壇を設計してみましょう。 花壇設計のやりかたについて説明します。
  • 第5回 デザイン作業

  • 開催日:2010年6月16日(水)

  • 各自が花壇の設計作業を行います。
  • 第6回 デザインの発表とプランの選出

  • 開催日:2010年6月30日(水)

  • 全員が設計した花壇プランを持ち寄り、後期につくる花壇を決定します。
  • 第7回 数量計算

  • 開催日:2010年7月14日(水)

  • 前回、決定した花壇プランに基づいて、後期9月にタネを播く草花の必要数量を計算します。

講義データ

講義名 花壇ボランティア養成講座 入門編
講師 山 浩美 氏
講座番号 210231
場所・交通アクセス 本学多摩キャンパス
恵泉女学園大学の交通案内
定員 25名
期間 2010年4月14日(水)から 2010年7月14日(水) (全7回)
受講料(材料費・費用) 全回申込のみ
全7回:23,10014,000
パンフレットの表記に誤りがありました。
友人にすすめる メールを送る(メールソフトが起動します)
秋期予告 秋期は、11時から12時半まで講義、13時20分から14時50分まで実習を予定しています。

お申し込みについて

受付終了  申込締切:2010年4月4日(日)

詳しいお申し込みの手順、受講料のお支払い方法等は受講手続きのご案内ページをご覧ください。
※申込締切日は各講座により異なりますのでご注意ください。

【講師紹介】

山 浩美

やま ひろみ 恵泉女学園短期大学卒業後、造園会社に勤務 、観賞温室の維持管理(8年間)のほか、公園やホテルなどの花壇や緑地の管理、2005年愛・地球博の他、テーマパークや屋上庭園等の花壇計画や維持管理に携わる。本学非常勤講師、(有)山・高瀬計画室 代表取締役社長、各種園芸教室講師。造園、園芸専門誌に執筆。資格 造園施工管理技士1級 、土木施工管理技士2級。著書『ベネッセ見聞録 土からはじめる花と緑』(共著:ベネッセ)、『園芸装飾ハンドブック』共著 (マルモ出版)、『つるバラとつる植物のガーデニング』監修 (成美堂出版)
 
upBtn