ビンタン・ブサール [BINTANG BESAR] 恵泉女学園大学主催  演劇公演

主催:平和文化研究所

上演 劇論◎三者会談
作・演出 武見龍磨 演出協力 大谷亮介

粗末な食事にしても、労働の指示にしても私が決めた訳じゃない。
すべて上官の命令なんです。
私らにとって命令は絶対です。
弁護士さん
彼らは私の何を裁こうとしているのですか?
・・・私は何の罪に問われるんですか?

 1942年、日本の植民地支配下にある朝鮮半島。その抑圧の中、全羅北道全州郊外の村で懸命に生きる親子三人の家族。ある日、家族の一人息子である李哲成(イ・チョルソン 日本名:新井哲成)は村の里長から、日本軍の軍属募集に応募するよう勧められる。しかしそれは、募集とは名ばかりのものだった。一旦は断った両親だったが日本人巡査の権力を笠に着た陰湿な仕打ちに屈し、強制的に応募させられてしまう。
 募集試験に合格した数日後、釜山の臨時軍属教育隊へ入隊するが、そこでは厳しい規則やビンタ教育。そして過酷な訓練が待ち受けていた。日本軍軍属の印である赤い縁取りの星(袖章)をつけた時から、李哲成の辛く、陰惨な人生が始まる

この舞台は史実をもとにしたフィクションです。
台本作成にあたり「キムはなぜ裁かれたのか」(内海愛子著/朝日新聞出版)NHK特集「BC級戦犯 獄中からの声」に想を得ました。

参考文献

■キムはなぜ裁かれたのか(内海愛子著/朝日新聞出版)■スガモプリズン(内海愛子著/吉川弘文館)
■死刑台から見えた二つの国(内海愛子*韓国・朝鮮人BC級戦犯を支える会編/梨の木舎)
■戦犯裁判と性暴力(内海愛子・高橋哉責任編集/緑風出版) ■巣鴨プリズン[未公開]フィルム (織田文二著/小学館文庫)
■日本の敗因 (小田直樹著/講談社) ■日米開戦の真実 (佐藤 優著/小学館)
■大東亜戦争と開戦責任 (中川八洋著/弓立社) ■昭和二十年 第一部 (鳥居 民著/草思社)
■われ巣鴨に出頭せず (工藤美代子著/日本経済新聞社) ■インドネシア語が面白いほど身につく本 (ドミニク・バタオネ*近藤由美著/中経出版)

劇論◎三者会談

劇団四季在団中ミュージカル、ストレートプレイなど数々の作品に出演した武見龍磨が、退団後2009年より主宰する演劇企画室です。
「ビンタン・ブサール」は2010年1月27日~31日下北沢OFFOFFシアターにて、劇論◎三者会談旗揚げ公演として上演した演目です。

キャスト

藍原直樹■新井哲成(李哲成:朝鮮人BC級戦犯)
山口智恵■哲成の母 チェ・ジヘ 日系アメリカ人弁護士
板倉佳司■里長 オランダ軍軍医 連合軍検事
尾川止則■日本人巡査 森軍曹 チピナン刑務所執行官
臼井武史■哲成の父 谷本陽一(曹陽一:朝鮮人BC級戦犯) インドネシア人物売り イギリス空軍将校
武見龍磨■与那城弁護士

スタッフ

演出協力:大谷亮介
舞台監督・美術:長沼 仁
音 響:白水美樹(山本音響)
照 明:山口明子
音 楽:石山 理
衣 裳:Sachi
演出助手:三宅掬巳
企画/製作:ムーブ・プランニング

Special Thanks To(敬称略)

・李 鶴来(同心会会長 韓国人元BC級戦犯者)
・内海愛子(恵泉女学園大学名誉教授)
・村井吉敬(早稲田大学アジア研究機構教授)

Thanks To(敬称略)

・大塚健司(壱組印)
・山崎ふら(劇団まるおはな)
・中村 伸(インドネシア語指導) 
・チョン・アラ(韓国語指導)

時間・曜日

◆ 開催時間:13:30~15:30
◆ 開催曜日:土曜日

日程

  •  

  • 開催日:2010年10月23日(土)

  • 開場13:00、開演13:30、終演15:00予定
    終演後、内海愛子氏、李鶴来氏、高橋哲哉氏(東京大学大学院教授、(高橋哲哉・中島 隆博 ・ 北川 東子編)『法と暴力の記憶―東アジアの歴史経験』 東京大学出版会・所収)と出演者の懇談会 トークタイムを1時間程開催します。
    皆様是非お残りくださいまして、ご参加ください。

講義データ

講義名 ビンタン・ブサール [BINTANG BESAR] 恵泉女学園大学主催  演劇公演
講座番号 110337
場所・交通アクセス 本学多摩キャンパス
恵泉女学園大学の交通案内
定員 250名
期間 2010年10月23日(土) (全1回)
受講料(材料費・費用) 全回申込のみ
全1回:前売り1,000(当日1,200) 円
恵泉女学園(中・高・大・院)の在校生は、無料です。 この演劇公演にかぎり、キャンセルはできません。ご了承ください。
友人にすすめる メールを送る(メールソフトが起動します)

お申し込みについて

受付終了 無事終了いたしました。満席の500名以上の観客でした。当日は有難うございました。

詳しいお申し込みの手順、受講料のお支払い方法等は受講手続きのご案内ページをご覧ください。
※申込締切日は各講座により異なりますのでご注意ください。

upBtn