恵泉ディクショナリー

知覚人間環境学科

[ちかく]  perception

知覚とは

目で見て、耳で聞いて、手で触ってなどの感覚情報を受けて、対象が何であるかを理解する心理機能を意味します。 例えば視知覚ですが、私たちは見さえすれば対象が何々だと理解できるものだと思い込んでいます。 しかし、目の水晶体が白濁しているため見ることができない視覚障害者に、白濁を除去する開眼手術をしても、 すぐに見て理解できるようになるわけではありません。恵泉の人間環境学科では心理学を系統的に学ぶことができますが、 知覚の領域についても専門にしている教員がいます。 みなさんが目の前にいれば、いろいろな実験を通じて視知覚の奥深さを体験的に理解してもらえるのですが、とても残念です。 例えば「心を病む」と言いますが、そのときも知覚が奇妙になります。知覚を理解すると、心の病にも迫ることができるでしょう。 そのような道筋で授業が展開されますから楽しみにしてください。

2010年12月21日 筆者: 深谷澄男(心理学)  筆者プロフィール(教員紹介)

タ行

upBtn