女子大生が作る農場計画

2017年06月16日

こんにちは!
恵泉女学園大学人間社会学部社会園芸学科3年のはぎうです。
今回、私たちCA(キャンパスアテンダント)が農園を拓くことになりました!

この農園を通して、オープンキャンパスにお越しいただいた皆様に恵泉のリアルな農園を体感していただきたいと思っています!

つきましては農園の成長記録をこの農場ブログにて、更新していきますのでよろしくお願いいたします。

5月はじめ。

農場を澤登早苗先生から2区画いただくことができました*
およそ1.5m×1.5m

そして小林幹夫先生からラディッシュ、ゴボウ、エダマメ、オクラの種を分けていただきました。また、園芸準備室の菊地さんにもキュウリの苗をいただきました!
ありがとうございます!
以上は無農薬の種なので有機野菜として育てることができます~♪

五月末、いよいよ耕うん開始です!

たくさん雑草が生えた肥えた土壌ですね...!

この日は早朝にひどい雨でしたが、作業中は何とか小雨に留まりました笑

2区画の畑をA、Bに分け、まずAから!
ひたすら雑草と格闘...!

畑に残っていた野菜を端に寄せ、鍬できれいに耕しました。
汗だくになりました。

ここに牛糞バケツ1杯、鶏糞は穴肥えで移植ゴテ1杯×5苗分、を撒き、さらに耕してから畝を作り...

キュウリ定植!
2人で90分みっちり作業。生活園芸Ⅰの授業をきちんと受けた成果ですね。

一日目終了です。

翌週

この日も早朝ひどい雨でした笑

B農場も耕し、あらかじめ水に浸けておいたゴボウを播種(種まき)!(種が硬いから)
やっと畑らしくなりました...!

少し播く時期が全体的に遅くなりましたが、エダマメとオクラもスタートです。

こちらはポットから!楽しみですね...!

ガラス室で苗まで育てるのでCAが交代で水やりをします~!

農場ツアーに参加して、畑の成長を是非見てくださいね。
皆さんの来校をお待ちしております。

はぎう

upBtn