2017年2月23日

恵話会による「白楽荘」(特別養護老人ホーム)でのおはなし会の実施

2017年02月23日

本学「恵泉お話を語る会(恵話会)」のメンバー7名が、2月18日(土)に白楽荘を訪問し、30名余りの施設利用者の方々と楽しい時間を過ごしました。恵話会メンバーによる45分間の朗読、語り、手遊びなどの活動後、グループに分かれ、利用者の方々との談話を通して有意義な時間を共有しました。

プログラムは下記の通りです。

  1. 朗読  「こすずめのぼうけん」
  2. 絵本  「じゅげむじゅげむ」
  3. 手遊び 「一羽のニワトリ」
  4. 朗読  「かねつき鳥」
  5. 絵本  「ももたろう」
  6. 手遊び 「ふるさと」
  7. 落語  「権兵衛狸」
  8. 歌 「春の小川」

学生の感想

「自分が担当した手遊びや歌の演目も十分に『今ある力』を発揮できたと思います。また参加したいです。」

「聞いてくださった方々がとても温かい反応を返してくださって嬉しかったです。普段の活動とは違って、お話会の後に交流の機会がありました。感想を直に聴ける貴重な機会となり、とても勉強になりました。」

「1年、2年の時よりも聞いてくださっている方の反応を見ながら柔軟に読みきかせをすることができ、自分自身の成長を少し感じました。もっと上手く読めるはずだという改善点や向上心もあるので、今以上にスキルを磨いていきたいです」

「はじめはとても緊張してしまい、マイクの音が出ないなどのアクシデントもあり、少しパニックになってしまいましたが、「桃太郎」の歌の時に皆様が一緒に楽しそうに歌ってくださり、緊張もほぐれて、私自身もとても楽しめました。次回は練習を重ねて改善し、もっと成長できたら良いなと思います。」

「今回初めて高齢者の方を対象に読み聞かせをさせていただきましたが、皆さんがとても楽しんで聞いてくださったので、私自身も楽しんで出来ました。次の活動に向けて反省点も見えたので、しっかりと改善していきたいです」

「恵話会の活動に初めて参加しました。最初はとても緊張しましたが、いざ前に立ってみると白楽荘の利用者の皆さんが楽しそうにお話を聞いてくださったので、私も明るい気持ちで手遊びをすることが出来ました。来年もぜひ白楽荘を訪問させていただきたいです」

  • オープンキャンパス
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 恵泉祭
  • オープンキャンパス
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 恵泉祭
upBtn