2013年6月

多摩市立豊ヶ丘小学校での外国語活動の実践

2013年06月27日

活動日:2013年6月26日
活動内容:
今回はトルストイの絵本「The Gigantic Turnip(大きなカブ)」を題材に英語劇や歌、チャンツなどを用いて外国語活動を行いました。大きさの大小や家族関係を表す言葉に慣れ、絵本に出てくる動物の鳴き声を学ぶことが目標でした。大きく分かりやすいジェスチャーで、新しい言葉を日本語を使わず、英語のまま理解したり、また、ゲームで新しく習った言葉を実践して使ってみるというのはKEES 独自の学習法ですが、今回の活動を行ったことによって私はその大切さを実感しました。学習支援で普段の授業を訪問させていただいたり、2回目の外国語活動だったこともあり、児童たちとの距離も縮まり、とてもよい雰囲気の中で活動をすることができました。メンバー全員参加の英語劇では、私たちは児童をどれくらい劇に引き込めることができるか、楽しいと感じてもらえるかなど、正直少し不安でした。しかし、本番、児童たちの反応は「この後どうなるのかなあ?」と好奇心に満ち、楽しそうに見てくれていたので、とてもうれしく良かったと思いました。担任の先生方もメインの"Gigantic Turnip"役として劇に参加してくださったので、更に盛り上がりましたし、私たちも頑張ろうと思うパワーをいただきました。本当にありがとうございました。活動が終わった後、休み時間に習った歌を口ずさんでくれている子供がいました。この歌をいつまで歌ってくれるのかなぁ、明日からしばらく、できたらずっと歌い続けてくれたら自然とさまざまな英語が定着するんだなぁと思い、私はKEESの英語学習法を改めていいなと感じ、自分たちの活動に自信が持てました。子供たちの様子や反応に対してどう働きかけるか、まだまだこれから課題がたくさんありますが、豊ヶ丘小チームらしくいつも前向きに、明るく前進していけたらいいなと思います。

(KEES 3年生 多田 萌)

多摩市立西愛宕小学校での外国語活動の実践

2013年06月27日

活動日:2013年6月26日
活動内容:
"The Gigantic Turnip"を題材に、スキット、チャンツ、歌、ゲーム、絵(劇)、カルチャータイムを行いました。今回の目標言語は、"What card?"(5年生), "What do you have?"(6年生), "a turnip", "a tiny/a small/a big/a gigantic turnip", "grandpa", "grandma", "granddaughter" でした。今回児童が一番楽しんでくれたのは、ビンゴゲームでした。ビンゴでは、担任の先生に目標言語が書いてあるカードを引いてもらい、児童が目標言語("What card?"や"What do you have?")を使って先生に質問する形式で進めました。質問するための表現や新しい単語も覚えられる、効率的で楽しめるゲームでした。担任の先生方のアドリブもあり、児童の発話が促され、とても盛り上がりました。ゲームの他に、今回私たちが力を入れて準備したのは劇風の絵本の読み聞かせです。大きなカブを自分たちで作り工夫を凝らしました。また、"E-I-E-I-O"の歌も楽しんでくれました。この歌は、少しスピードが早く、歌いにくいので、振り付けを工夫して、簡単且つおもしろいものにした結果、児童も楽しそうに踊りながら歌ってくれたので安心しました。今回の活動では、児童から、またKEESのメンバーからも、たくさんの笑顔が見れたという点と、KEESのメンバーのチームワークが深まってきて、お互い自然にフォローができるようになったことが、良かったこととして挙げられます。反省点としては、練習不足の部分もあったので、次回はもっと準備万端にして本番に臨みたいと思います。今回の活動で、春学期の外国語活動は終わってしまいましたが、秋学期の活動をより良いものにするために、これからも日々の練習を怠らず、精一杯がんばりたいと思います。

(KEES 2年生 久城美寿希)

  • オープンキャンパス
  • 「生涯就業力」を磨く
  • オープンキャンパス
  • 「生涯就業力」を磨く
upBtn