世界遺産ブログ

歴史文化学科ではブックレット『世界遺産―歴史と文化の学び方』を作成しました。
ぜひご覧ください。
郵送をご希望の方はnyushi@keisen.ac.jpにお問い合わせください。

 

世界の様々な地域の歴史・文化を専門とする教員が集う文化学科が、貴方を世界遺産の旅へご案内します。

恵泉ディクショナリー

エル・エスコリアル(スペイン)

2011年10月01日

世界遺産として多くの観光客を集めるエル・エスコリアル(Real Monasterio de San Lorenzo de el Escorial)は、マドリッド西北50キロに位置する修道院である。厳密には、修道院というだけでなく、教会、王宮、神学校、図書館を含む複合施設である。マドリッド市内で既に標高650メートル程であるが、エル・エスコリアルが建つ場所は1000メートルを超える高台であるから、夏場も幾分涼しく、今日では避暑のための別荘が建ち並ぶ。
エル・エスコリアルはスペイン国王フェリペ2世の命によって建てられた。建設は1563年に始まり、1584年に一応の完成を見ている。1561年にトレドから遷都したばかりのマドリッドでは、新都の建設が急がれていたはずである。市内では、イスラム時代の王城(アルカサル)が改築されて、すでに王宮として使用されていた。フェリペは複数の王宮を季節によって使い分けていて、春をアランフェス、夏をエル・パルド、秋をエル・エスコリアル、冬をマドリッドの王宮で過ごすというのが、基本パターンとなる。

エル・エスコリアル(スペイン)の続きを読む

故宮:独裁皇帝の広大な居城(中華人民共和国)

2011年09月30日

現在の世界遺産としての名称は「北京と瀋陽の明・清朝の皇宮群」。1987年に北京の故宮が世界遺産に登録されたあと、2004年に瀋陽のものが登録された。この記事では主に、圧倒的に有名な前者を紹介する。

故宮とは、昔の宮殿というほどの意味。一般に知られる北京の故宮とは、明(みん)王朝(1368-1644)と清(しん)王朝(1616-1912)の宮殿であった紫禁城(しきんじょう)を指す。現在の故宮の原型は、15世紀に明の永楽帝(えいらくてい)が現在の北京に遷都して造営したもので、継いで北京を首都とした清王朝もここを皇宮として復興、以後、清王朝が滅亡する1912年まで、政治の中枢であり続けた。内部の重要な見所について、簡単に見てみよう。

故宮:独裁皇帝の広大な居城(中華人民共和国)の続きを読む

故宮

ヨセミテ国立公園(アメリカ合衆国)

2011年09月29日

アメリカ合衆国、カリフォルニア州中央部、シエラネバダ山脈の西山麓にひろがる原生地域。ジャイアントセコイアの巨木、氷河が刻んだそそり立つ花崗岩の絶壁や巨大な滝で知られる。1850年代のゴールド・ラッシュによって流入した白人が当時この地にいたアワニチ族を敵対する部族が呼んだ呼称『ヨセミテ(殺し屋)』を誤って、地名としたという。今日ではロッククライマーの聖地とよばれ世界中から人が集まる

自然遺産としての登録だが、アメリカ文化の視点からは、文化遺産といっていい。世界に先駆けて生まれた「国立」公園の発想の原点がここヨセミテだからである。アメリカにおける国立公園の理想は「万人」に開かれた公園として後世に残すというというもので、「万人」の平等を掲げた独立宣言にも匹敵するとみなされてきた。ヨセミテ渓谷を新大陸における『カテドラル』と呼び、神聖、犯されざるものとして、開発と闘ったジョン・ミューアの功績が大きい。時の大統領、セオドア・ルーズヴェルトと3日間、ヨセミテでキャンプした話はことに有名で、その後のルーズヴェルトはミューアが乗り移ったといわれるほど、各地に国立公園を指定する功績を残す。

ヨセミテ国立公園(アメリカ合衆国)の続きを読む

パルテノン神殿(ギリシア)

2011年09月26日

恵泉に行くスクールバス乗り場に向かう時、目の前にひときわ大きいパルテノン多摩と呼ばれる建物が目に入ります。通称パル多摩と学生たちは呼んでいますが、正式名称は多摩市立複合文化施設です。これは1987年に建設されたもので、その外観がギリシアのアテネの丘の上に立つ世界文化遺産パルテノン神殿に似ているのでこの名がつきました。本物のパルテノン神殿は紀元前5世紀に建立され、アテネのアクロポリスの上に建っています。

パルテノン神殿(ギリシア)の続きを読む

ポトシ鉱山:スペイン植民地支配の象徴「セロ・リコ(富の山)」(ボリビア多民族国)

2011年08月05日

南米アンデスの山中にポトシ鉱山が発見されたのは1545年、スペイン人によるインカ帝国の滅亡からわずか十数年後のことだった。スペイン植民地時代に「セロ・リコ(富の山)」と呼ばれたその鉱山で産出された大量の銀は、その後スペイン銀貨としてヨーロッパそして世界中に流通し、産業革命の前段階である経済革命を引き起こした。

ポトシ鉱山:スペイン植民地支配の象徴「セロ・リコ(富の山)」(ボリビア多民族国)の続きを読む

ポトシ鉱山全景

  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
upBtn