2011年10月 1日

エル・エスコリアル(スペイン)

2011年10月01日

世界遺産として多くの観光客を集めるエル・エスコリアル(Real Monasterio de San Lorenzo de el Escorial)は、マドリッド西北50キロに位置する修道院である。厳密には、修道院というだけでなく、教会、王宮、神学校、図書館を含む複合施設である。マドリッド市内で既に標高650メートル程であるが、エル・エスコリアルが建つ場所は1000メートルを超える高台であるから、夏場も幾分涼しく、今日では避暑のための別荘が建ち並ぶ。
エル・エスコリアルはスペイン国王フェリペ2世の命によって建てられた。建設は1563年に始まり、1584年に一応の完成を見ている。1561年にトレドから遷都したばかりのマドリッドでは、新都の建設が急がれていたはずである。市内では、イスラム時代の王城(アルカサル)が改築されて、すでに王宮として使用されていた。フェリペは複数の王宮を季節によって使い分けていて、春をアランフェス、夏をエル・パルド、秋をエル・エスコリアル、冬をマドリッドの王宮で過ごすというのが、基本パターンとなる。

エル・エスコリアル(スペイン)の続きを読む

  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
upBtn