2011年10月31日

村・町・コミュニティからグローバリゼーションを考える

2011年10月31日

毎年、高橋ゼミでは、韓国ハンシン大学の李起豪先生(国際政治専門)と「村・町・コミュニティからグローバリゼーションを考える」をテーマに共同でワークショップを行っています。今年は、8月26日から30日まで、福島原発事故を受けて「核に依存しない東アジア平和は可能か?まちからの提案とビジョン」というテーマでソウルとブアンを訪問しました。

村・町・コミュニティからグローバリゼーションを考えるの続きを読む

李カンギル監督は日本の日雇い労働者の問題にも関心

upBtn