地域で学ぶ恵泉生 ーコミュニティー・サービス・ラーニング(CSL)活動記

コミュニティ・サービス・ラーニング(CSL)

事前授業における活動先の見学から

2016年07月13日

恵泉のコミュニティ・サービス・ラーニング(CSL)は、実際の地域活動の前に「サービスラーニング方法論」という事前授業を履修します。この授業では主に、CSLの活動先がどのような場所で、実際の活動ではどのようなことをするのかを、施設の見学やゲスト講師による講義を通して学びます。また、ボランティアという立場で活動するにあたっての心構えを学び、一日ボランティア実習を行います。

事前授業における活動先の見学からの続きを読む

CSL報告会を行いました

2016年07月07日

6月30日にCSL(コミュニティ・サービス・ラーニング)活動をした学生の報告会を実施しました。
2月~6月にかけて、学生12名がCSL活動を行いました。活動を振り返って感じたこと、気づいたこと、考えたことなどを、活動の様子も交えて発表してくれました。

2回の発表練習を経ての本番でしたので、どの発表もスムーズに進行し、活動内容や学びがよく伝わってくるものでした。

CSL報告会を行いましたの続きを読む

人との関わりで人は変わる~グリーンライブセンターでのCSL活動から~

2016年06月30日

今学期は4名の学生が多摩市立グリーンライブセンターでCSL活動を行いました。
グリーンライブセンターは、多摩センター駅から徒歩7,8分の場所にある花と緑の美しい施設で、メインのガーデンの他、温室、講座等に使うホール、園芸の裏方作業を行ったり資材を置くためのバックヤードなどがあります。2011年度より、多摩市と恵泉女学園大学と多摩市グリーンボランティア連絡会の3者により協働事業として管理運営されています。恵泉の卒業生でもあるスタッフが全体とりまとめを行っており、多摩市グリーンボランティア連絡会の講座やイベントの拠点となっていますが、一番の特徴は、多くのボランティアさんに支えられて運営していることです。

人との関わりで人は変わる~グリーンライブセンターでのCSL活動から~の続きを読む

メイポールダンス

大学生活の中で見つけたいこと

2016年04月22日

熊本地震で被災した皆様には心よりお見舞い申し上げます。
まだ余震が続く中、私たちにも支援の在り方が問われると同時に、災害への「備え」の重要性と実践の難しさも突きつけられているように感じます。

さて今学期も、CSL(コミュニティ・サービス・ラーニング)の事前授業が始まりました。
この授業では、地域活動に入る際の心構えをグループワーク形式で学んだり、活動先の方をゲスト講師としてお招きする、活動先を見学するなどして、地域活動についての理解を深めます。

いつも初回の授業で「なぜCSLを取ろうと思いましたか?」という質問を投げかけています。
今学期も、「大学に入ってからの一年間を振り返って、まだこれをやったといえるものが見つかっていない。これを頑張ったといえるものができればと思って挑戦しようと思いました。」と答えてくれた学生がいました。
実は、「何かにチャレンジしたい」という気持ちでCSLを履修する学生は少なくありません。 CSLがそんな「何か」になれたらと願い、学生を全力でサポートしています。

ここに、CSL活動を通して自分の夢を見つけた卒業生から在学生へのメッセージを紹介したいと思います。この学生(当時)は、在学中のCSL活動がきっかけになり保育士を目指すようになり、在学中に保育士の資格を取るためにダブルスクールをしながら卒業論文も書き上げました。

大学生活の中で見つけたいことの続きを読む

2015年度CSL報告書が完成しました。

2016年03月24日

日毎に春の花が開き始め、キャンパスが一年で最も美しい季節になりました。

先日行われた卒業式では、今年も本学の伝統「学燈ゆずり」が引き継がれました。真っ暗になった会場の中、一人ひとり、学燈から分け与えられた灯をともしたろうそくを手にして退場していく卒業生。幻想的な雰囲気の中、卒業生の旅立ちに想いを馳せました。

さてこの度、今年度CSL(コミュニティ・サービス・ラーニング)活動をした学生の成果をまとめた『2015年度CSL報告書』が完成しました。

CSLプログラムでは、学生は36時間・7日間以上の現場活動を行いますが、このプログラムで特に大切なのが、活動後のふりかえりです。
活動中も毎日活動記録を書きますが、全ての活動が終了すると、①教員と「ふりかえり面談」を行い、②レポートを作成し、③CSL報告会で発表をし、④学園祭で展示します。 レポート、プレゼンテーション、展示物という3種類のアウトプットは、それぞれに違った能力や技術が要りますが、学生によって得意・不得意の分野が異なり、その学生らしさが出るところでもあります。本報告書には、3種類全ての学びの成果を収めることができました。
学生一人ひとりが、活動をしながらどんなことを感じたのか、学んだのか、学生たちの等身大の姿が伝わる報告書となりました。

早速、活動先にお送りしたところ、「私も励みになります。CSLを受け入れて良かった!」と嬉しいメッセージをいただきました。
来年度も、豊かな出会いと学びをもたらすプログラムにしていきたいと思います。

  • HOME
  • ブログ
  • 地域で学ぶ恵泉生 ーコミュニティー・サービス・ラーニング(CSL)活動記
upBtn