卒業生百花

恵泉女学園大学を卒業した学生の進路はさまざまです。企業への就職についても分野は多彩ですし、転職してより自分にあった仕事を見つけた人もいます。また、大学院や専門学校へ進学した人もいれば、子育てに専念している人もいます。どんな進路をとろうと、恵泉で学んだことは活きてきます。ここでは、社会のさまざまな場で活躍する卒業生が、現在の生活や大学での経験を語ります。ぜひ、彼女たちの声を聞いてください。

金子 由佳 さん 国際社会文化学科

■卒業年:2003年3月卒業
■勤務先:国際連合大学 サステイナビリティと平和研究所(UNU-ISP)

2003年国際社会文化学科を卒業後、難民支援を行うクリスチャン系のNGOで4年、また日本国際協力センター(JICE)からの出向で、日本国際協力機構(JICA)で2年半働き、その後はロータリー世界平和フェロー奨学生の地位を得て、オーストラリア・クイーンズランド大学大学院政治学部において、国際関係学、特に「平和及び紛争解決」について学び、2011年7月に卒業後の現在は、国連大学のサステイナビリティと平和研究所に勤務しています。

金子 由佳 さんの続きを読む

JICAシエラレオネの地域開発プロジェクトでのインターン

中村 聡美 さん 日本語日本文化学科

■卒業年:2011年3月卒業
■勤務先:同志社大学大学院 グローバル・スタディーズ研究科に進学

私は現在、京都にある同志社大学大学院のグローバル・スタディーズ研究科というところで学んでいます。本研究科は社会学に属す学問を行っており、地球規模の問題を捉え、深く学ぶことを目的としています。日々変化する世界のことを学ぶことはとても興味深く、自分の研究に関してもやるべき課題はたくさんありますが、テーマとしている問題について深く学び、一つの研究をつくり上げていくことに楽しさも感じています。また、私の所属している研究科では、色々なイベントの企画もあり、それらを通して貴重な経験を得ることができました。現在こうした環境にいられること、興味のある国際問題の学習に特化できることは私にとって大きな喜びでもあります。

中村 聡美 さんの続きを読む

同志社大学大学院の内藤正典先生を囲んで(中村さんは左の手前から2番目)

平林 彩(旧姓:森田) さん 日本語日本文化学科

■卒業年:2003年3月卒業
■勤務先:専業主婦

卒業後、電子機器部品を扱う会社に就職し、経理の仕事を担当しました。3年前に出産のため退職し、いまは2人の子どもの育児に奮闘中です。

在学中は、様々なアルバイトをしていましたが、中でも社会勉強になったのはコンサートなどの案内係でした。接客の仕方や言葉遣いなどを学び、就活の面接時にも役立ったように思います。

平林 彩(旧姓:森田) さんの続きを読む

鎌田 彩(旧姓:茂林) さん 日本文化学科

■卒業年:2003年3月卒業
■勤務先:専業主婦

卒業後、情報システム会社に入社、寿退社し現在二児の母として子育てに奮闘中です。
女性関係のことを勉強したかったので恵泉に入学しましたが、日々の生活の中で恵泉で学んだことが活かされたなぁと感じることがありますし、またありました。

鎌田 彩(旧姓:茂林) さんの続きを読む

石山 可奈子 さん 人間環境学科

■卒業年:2008年3月卒業
■勤務先:三吉整骨院

私の仕事は鍼灸師です。現在は横浜市内にある整骨院で働いています。なぜ、今の仕事を選んだのか、在学中に考えていたことをふりかえってご紹介します。
私は、人間社会学部人間環境学科に所属し、環境社会学を中心に学びました。授業やゼミなどで、持続可能な社会とはなにか?自然と人間が共存する世界とはどういうものか?と問いかけられるうちに、私はこの社会で何ができるのだろうかと深く考えるようになりました。大学3年にもなると就職活動が始まり、会社の面接を受けるたびに、ますます自分ができることの意味について思い悩むようになりました。しかし、当時の私は社会の役に立てる気がせず、就職活動に集中できずにいました。その時に、あらためて自分を見つめ直してみると、「東洋医学」というキーワードが頭に浮かんできたのです。

石山 可奈子 さんの続きを読む

upBtn