渡邉 かおり さん 歴史文化学科

■卒業年:2009年3月卒業
■勤務先:アクティブ整骨院・鍼灸院 (整骨主任)

現在、私が勤務しているのは整骨院です。柔道整復士として骨折、脱臼、捻挫、肉離れなど様々な怪我に対して治療をしています。個人個人の性格が違うように怪我の種類も一つとして同じものがありません。その怪我を見極めて判断し、どのような治療方法が最適か考えていくのが私たち、柔道整復士の仕事です。

私の父は千葉で整骨院を営んでおり、小さい頃から父の後ろ姿を見て育った私は純粋に後を継ぎたいと考えていました。しかし、年を重ねるにつれ自分の人生の目標に迷うようになり、葛藤する時期もありました。そんな中、大学でのボランティア活動や学校行事などへ積極的に参加することで、自分が人と接する仕事に向いていることに気づかされ、自然と迷いは消えていました。
恵泉で身につけた様々な知識と教養は、患者さんと話すことも仕事の一環である今の私の大きな力になっています。先日も、大学で学んだ能楽の話で患者さんと盛り上がったときは、驚きと同時にとても嬉しく思いました。何でも勉強していくことで自分の可能性が無限大に広がることにあらためて気づきました。そして恵泉の教育の基盤ともいえる隣人愛の教えは、患者さん(相手)に自分のように大切に接することではじめて治療が可能となるという私の信念の基本になっています。

upBtn