国際交流いろいろ日記

国際交流/国際感覚を養うためには、いろいろな手段があります。 海外に留学することもそうだけど、学内で学ぶ留学生と交流することもその一つ。 異文化の中で生活をするということに、驚き戸惑いながらも成長してゆく学生のリアルな声や学内でのいろいろな国際交流をご紹介いたします。

韓国(新羅大学)に1年間留学している学生より現地レポートが届きました。 派遣留学生の声:韓国

2016年01月15日 

留学生の声①

12月は、学部の期末テストと語学堂のクリスマス公演が重なったので、その時期はとても忙しかった。学部の期末テストは、「釜山の一日」と「韓国と東南アジア」という講義の二つだった。

韓国(新羅大学)に1年間留学している学生より現地レポートが届きました。の続きを読む

ニュージーランド(オークランド大学)に6ヶ月留学している学生から現地レポートが届きました。 派遣留学生の声:ニュージーランド

2016年01月15日 

12月に入り、とても暑くなってきました。日差しが強く紫外線を恐れていますが、冬に比べると雨が少なく、気持ちの良い天気です。

学校は今2週間の休みですが、休み明けにはすぐにテストがあります。GEとは方式が全く違って、とても難しそうです。そのテスト対策として、リサーチアサイメントの練習をしました。まず、一時間パソコンでNZの赤十字について調べてノートを取り、残りの一時間で自分のノートだけを使ってエッセイを書きました。250字以上書かなければいけないのに、私は勘違いしていて字数が足りませんでした。先生は初めにしては良く出来たと言っていましたが、本番では絶対に字数を超えられるようにしたいです。そしてプレゼンテーション時、私は頑張って声を出しているのですが、もっと大きな声でと言われます。サウジアラビアのクラスメイトに、日本人の女の子は特に声が小さいと言われました。さらに、メモを見ずに発表をする、この二つが私の課題です。文法は意外にも悪くはないようで、先生に「Grammar Queen」と呼ばれています。

ニュージーランド(オークランド大学)に6ヶ月留学している学生から現地レポートが届きました。の続きを読む

地震のあとが残るクライストチャーチの街かど

アイルランド (ダブリンシティ大学)に8ヶ月留学している学生から現地レポートが届きました 派遣留学生の声:アイルランド

2016年01月15日 

今月はクリスマスということもあり、キリスト教に触れる旅へ行ってきました。目的地はダブリンにあるヒューストン駅から鉄道に乗って、西へ45分ほど行った場所に位置するキルデアです。ダブリンで生活をしているとバスを使うことがほとんどなので、鉄道の旅にわくわくしました。

アイルランド (ダブリンシティ大学)に8ヶ月留学している学生から現地レポートが届きましたの続きを読む

ブリジットの井戸

中国(杉達学院大学)に1年間留学している学生から現地レポートが届きました。その3 派遣留学生の声:中国

2015年12月15日 

3日前から12月に入り、2015年も残すところ1か月を切ってしまいました。11月後半から上海もようやくコートを着なければいけないほど冷えてきました。部屋も暖房を常にいれていないと寒さを感じるようになり、先週1週間は体調があまり思わしくありませんでした。留学生活9か月目になりますが、気候の変化が日本と少し異なるため、生活に慣れたと油断してはいけないと感じます。

中国(杉達学院大学)に1年間留学している学生から現地レポートが届きました。その3の続きを読む

中国(杉達学院大学)に1年間留学している学生から現地レポートが届きました。その2 派遣留学生の声:中国

2015年12月15日 

上海もついに冬の季節になり本格的に寒くなってきた。先週は気温がマイナスになるほどの寒さで、授業が終わった後教室から食堂に行くまでの道のりも全身に突き刺さる寒さのおかげで妙に長く感じる。そんな非常に寒い11月だが、11月は様々なイベントがあり、非常に充実した月だった。

中国(杉達学院大学)に1年間留学している学生から現地レポートが届きました。その2の続きを読む

  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
upBtn