2015年7月27日

韓国 (韓信大学)に協定留学している学生からの報告書 派遣留学生の声:韓国

2015年07月27日 

韓国 (韓信大学)に協定留学(2015.2~2016.2予定)している学生からの現地での生活の報告書

6月の韓国はMERSに関する話題ばかりで、閉鎖された空間で勉強することが多かったですが、このような時期に韓国で生活してみて、日本と韓国の違いも感じました。一番驚いたことは、予防をしている人がほとんど見られなかったことです。大学ではMERSの症状や予防方法に関する案内がされ、アルコール消毒も頻繁に行われていましたが、肝心の生徒や先生方は「メディアではだいぶ騒がれているが、大丈夫だろう。」という考えの人が多かったです。また、語学堂の先生が、授業が全部終わったら遊園地に行きましょう、いまはMERSのおかげで人も少ないから、とおっしゃっていました。

韓国 (韓信大学)に協定留学している学生からの報告書の続きを読む

カナダ(British  Columbia)大学に留学している学生からの報告書 派遣留学生の声:カナダ

2015年07月27日 

2015年2月より2015月8月の予定でカナダ(British  Columbia)大学に留学している学生から現地での生活の報告が届きました。

留学生の声 1

6月に入り、とうとう本格的な夏が来た。現地の人も言うほどの、バンクーバーの一番美しい季節になった。学校は中間テストを終えて、いよいよ私にとって最後のタームへと突入した。日本の家族や友達に会いたいけれど、まだ帰りたくないという気持ちのほうが今は大きい。それはやはり、ここでの環境に恵まれているからだと思う。6月は、多くの韓国人の友達が帰国してしまった。日本と韓国が国同士の問題を抱えていることについてもちろん私たちは知っていた。だが、私たちの友情には全く関係なかった。彼らはいつも親身になって話を聞いてくれ、同じ年齢でもお兄さんお姉さんのようで、包容力があり常に私のことを気にかけてくれていた。日本と韓国は距離や文化の面においても近い部分があるので、仲良くなるまでに時間はかからなかったように思う。彼らとの別れは本当に寂しかったが、今まで一緒に過ごした時間と沢山の素敵な思い出があるので私は満足している。また、私たちは必ずすぐに再会すると信じているので、韓国か日本で会えるのが楽しみである。  中間テストが終わってから、Victoriaという街へ行った。Victoriaはカナダのブリティッシュコロンビア州の州都で、小さな街である。ヨーロッパのような街並みでバンクーバーとはまた違った美しい場所だった。あらゆる場所に花が植えてあり、とても穏やかな素晴らしい街だった。バンクーバーのすぐ近くだが、街の雰囲気の違いを楽しむことができた。残りの留学生活2か月を切ったが、まだまだカナダについて知らないことがたくさんある。残りの2か月間は悔いの無いように自分のやるべきことをし、楽しみたいと思う。ここでしか学べないことを中心に、7月も毎日大切に過ごしていきたいと思う。

カナダ(British  Columbia)大学に留学している学生からの報告書の続きを読む

イギリス New Castle大学に留学からの報告書 派遣留学生の声:イギリス

2015年07月27日 

2015.4より2016.3までの予定でイギリス New Castle大学に留学している学生からの現地での生活報告が届きました。

ニューカッスルにも、ようやく暖かさがやってきました。6月の中旬で、学部生やビジネススクールの学生たちは学校が終わったので、急に大学が静かになりました。寮の同じフロアの友達も、みんな自分たちの国に帰って行き、9月まで戻ってきません。さみしくなりますが、みんなが戻って来る9月までに、もっと英語で会話ができるように、私はニューカッスルで勉強を頑張ろうと思います。そして、寮には新しい人たちが続々と入居してきました。一人、年下の日本人の女の子も入ってきました。

さて、テストの結果ですが、Speakingが全然だめなので、次のタームはもっと英語で議論ができるように意識して勉強に励もうと思います。一番苦手だと思っていたAcademicのWritingでこのスコアを取れたのはびっくりしました。卒論のこともありますし、留学が終わるまでに、特にWritingはスコア 70を取るのが目標なのでこのまま頑張ります。

イギリス New Castle大学に留学からの報告書の続きを読む

アメリカより留学生の声 派遣留学生の声:アメリカ

2015年07月27日 

①2015年3月より2015年12月までの予定で、アメリカ・オレゴン大学に留学している学生より現地での生活報告が届きました。

留学生活を2ヶ月送ってきてとてもさまざまな経験をすることができたと感じています。初めの方で出会ったアメリカ人の友達は、夏のタームで地元に帰ってしまい、そのアメリカ人の友達とほかの中国人の友達とハワイ人の友達と日本人何人かで一緒に野球を見に行った思い出がとても懐かしくも感じ、寂しくも感じます。6月で卒業してしまう日本語学科の本学生との交流がだんだんと少なくなってきていると感じています。英語の勉強を手伝ってくれていたアメリカ人の友達も、もうすでに大学を卒業してオレゴン大学には戻ってこない予定だと言っていたので、自分自身でこれからは勉強するようにしなくてはと思っています。

アメリカより留学生の声の続きを読む

  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
upBtn