韓国の聖公会大学に協定留学している学生からの報告書 2 派遣留学生の声:韓国

2015年06月29日 

2015年2月より2015年8月までの予定で、韓国の聖公会大学に協定留学している学生より報告書が届きました。

韓国(聖公会大学)留学生の声 2

韓国に来て3ヶ月が経ちました。 5月は6月にある公演に向けて、毎日演劇サークルがありました。演劇サークルは、平日は18時から22時まで遅い時は23時過ぎまで、休日は12時から夕方まで練習がありました。練習が大変で遊ぶことがあまりできませんでしたが、韓国の学生たちと交流することができてとても良い経験でした。 5月に入って春学期の語学堂が終了しました。春学期の授業は本当にあっという間に過ぎて、とても楽しい時間でした。先生もとてもわかりやすく、韓国語をもっと勉強したいと思うことができました。夏学期は、初級から中級に進級するので休みの間にも予習は復習も頑張りました。

そして、2週間という短い休みでしたが、サークルまでの間にご飯を食べに行ったりしました。留学生たちとはもう3ヶ月一緒に過ごして、嬉しいことも辛いことも一緒に乗り越えて来ました。韓国の学生だけではなく、日本の留学生たちとも出会うことができて本当に良かったです。休みの間に、日本の富山からの留学生と日本語学科の学生1人と一緒にロッテワールドにも行きました。韓国の遊園地に、ずっと前から行ってみたいと思っていたのでとても楽しみでした。韓国の学生が日本語で私たち日本人を一生懸命案内してくれる姿にとても感動しました。韓国の学生の優しさに触れるたびに、今度は私がなにかしてあげたいという気持ちになります。

    

5月の27日から29日まで、聖公会大学で学園祭のようなお祭りがありました。学科別のブースがあり、日本語学科はたこ焼きや焼き鳥など日本のお祭りの屋台のようなブースでした。最終日は、次の日が休日でもあり、朝まで騒ぐ学生がとても多くいました。私たちも久しぶりに夜遅くまで遊びました。

5月は本当に毎日、サークルで正直とても大変でしたが、韓国の学生が日本語で一生懸命劇をする姿を見て感動しました。演劇を自分がまさかするとは全く考えたことがなかったけれど、新しい経験ができて今ではやってよかったと思っています。留学生活もあっという間に半分が経ってしまって、残りが後半分しかないのがとても残念ですが、残りも後悔の無いように充実した時間を過ごしたいです。

  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
upBtn