2015年3月 1日

フィリピン英語研修参加生より 海外研修プログラム参加者の声

2015年03月01日 

2015年2月8日からフィリピン語学研修に行っている学生より、中途報告が来ました。日本とは異なる環境ながら、毎日の授業に課外活動にと、充実した毎日を送っているようです。

参加者1
研修も残り2週間となり、2週間後には日本に帰国してしまうのが名残惜しいくらい、私は、濃密な時間を過ごしています。英語を使ったコミュニケーションはまだ拙いですが、渡航初日と比べると、自分から積極的に話せるようになったと感じます。先生たちにバコロドでのお勧めの場所を聞いて、地図を描いてもらったり、お店の名前をノートに書き留めたりしています。基本的に、週末には先生がお勧めしてくれた場所に行って、後でその感想も伝えていることもあり、先生たちは嫌な顔もせず、積極的に思い出作りを手伝ってくれます。先週は、先生も強く勧めていた、チャイニーズ・ニューイヤーという中国人生誕祭のパレードを見にいきました。場所は、寮から少し離れたラクソンストリートという様々な店が立ち並ぶ繁華街です。目的地に着くまでも、着いてからも一苦労でしたが、その分パレードが始まるまで見物客の人と話したり、お土産を探しに、道行く人にお店を聞いたりしたので、待ち時間も楽しかったです。パレードはとても華やかで、目の前で小道具を振って、とてもダイナミックでした。

パレード終了後も通りは賑わいを見せ、多くの露店が飲み物や焼き鳥などを販売し、まさにお祭りという雰囲気を醸し出していました。私は露店で販売している食品は買いませんでしたが、通りで会った人にお勧めされたレストランで夕食もすませ、とても充実した1日を過ごしました。 私は、辛い食事が苦手なので、最近は寮ではなく、大学内のフードコートやカフェテリアで朝食や夕食をとっています。そのおかげか、校内の食事処には少し詳しくなりました。例えば、校内のカフェテリアでは、サンドイッチやハンバーガなどの一般的な食事だけでなく、コリアンヌードルや親子丼など少し変り種な料理も注文することができます。しっかり作ってあり、フードコートに比べると割高ですが、とても美味しいです。行きつけのカフェテリアなので、店員さんにも名前で呼んでもらえる関係になりました。

食事のことももちろんですが、残り少ない時間でもっと多くの友人を作り、現地の人々と積極的に交流して、より多くの思い出を作りたいと思います。そのために、発音の練習や単語の学習を積極的に行っていきます。

フィリピン英語研修参加生よりの続きを読む

  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
upBtn