英国研修 現地報告書 海外研修プログラム参加者の声

2011年02月21日 

Hina I.(国際4年)

こちらに来て約10日経ち、研修のちょうど半分が終わりました。こちらは天候に恵まれ、傘を必要としない日が続いています。
グロスターは映画ハリー・ポッターの舞台になった町でグロスター大聖堂が撮影にも実際に使用され、観光地としても有名です。 今回、グロスター大聖堂を周り、その後、ピーターラビットショップへ行きました。 大聖堂ではブルーのステンドグラスがちょうど西日が当たって、中から見ると大変きれいでした。 こちらのステンドグラスの技術には、どの教会、大聖堂を訪れても圧倒されます。 またスケールの大きい回廊がとても印象に残りました。
今日はこれから、町でクラスメイトの韓国人の友人と夕食を食べに行きます。 イギリスではメジャーな料理であるフィッシュアンドチップスを食べてみたいと思います。

Rina H.(人間環境学科2年)

この間、グループでテーマを決め、そのテーマについて英語でミニプレゼンテーションをするspeakingのテストがありました。 まだ日本でもプレゼンテーションをしたことがないのに、さらに英語で行うなんて私には荷が重く、不安と緊張で終わるまで何も他のことが考えられませんでした。 でも終わった後、Becky(先生)にとても誉められたので、今まで授業の中で辛いこともあったけど、頑張ってきて良かったと思いました。 クラスの皆とは本当に仲が良く、毎朝教室に行くのが楽しみでした。 この間、私が落ち込んでいた時も、皆心配してくれて、単に授業が一緒だから仲良くしてくれてるのではなく、お互い国が違うけれども本当に思いありのあるやさしい人達に出会えました。 本当にその時は嬉しかったですし英語を通して元気をもらえたことが私にとって一番印象的でした。 このクラスの授業は午前中しかないので、毎日午前中はあっという間に過ぎていくように感じます。 このクラスで日本人は私1人ですが、今では逆に1人で良かったなと思いました。
あと1週間ですが残りの時間を最高の瞬間にできるよう頑張ります!

Kana Y. (国際社会学科1年)

イギリス研修も残すところあと一週間となり、日々時間の流れの速さを感じています。 授業では先生の言っていることが先週よりも理解できたり、 ホームステイ先ではファミリーとの会話が先週よりもスムーズになって会話が弾んだりと毎日ほとんど英語しか聞いていない生活のおかげでリスニングのスキルがかなりアップしたのではないかと実感しています。
今日は韓国から来ていた子達の最後の日だったので、この大学に学びに来ている留学生みんなでさよならパーティーをしました。 来週にはまた新しい韓国の子達がくるようなのでとても楽しみです。 それから今週の水曜日から、クラスに淑徳大学の女の子が2人入ってきました。 新しい子がクラスに入ってくると雰囲気が変わるのでとてもよい刺激になります。

  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
upBtn