教員紹介

常葉 美穂

常葉 美穂(トキワ ミホ)

TOKIWA MIHO

職名
准教授
担当科目
教養基礎演習I(1年ゼミ)、英語基礎演習I・II(2年ゼミ)、英語演習I・II(3年ゼミ)、英語特別演習・卒業課題演習(4年ゼミ)、英語II、英文基礎作文、英文作文、教育実習I(春)・(秋)、教育実習II、教職実践演習
専門分野
教育学(教育哲学、教育理論)
業績紹介
(※別ページに飛びます)
メールアドレス
m-tokiwa@keisen.ac.jp

恵泉のキャンパスの至る所にあるガーデンは、植物の種類や花の色使いが、大学院時代に留学していた英国を思い出させてくれ、とても好きです。私はロビンフッドの故郷としても有名なノッティンガムという町で2年間学んでいましたが、その大学も緑の大変美しいキャンパスでした。恵泉でも時々学内のガーデン巡りをしながら、野鳥のさえずりを聞いたり、花や虫の写真をデジカメで撮ったりして楽しんでいます。

高校生の方へ

専門分野についてのご紹介

皆さんは英語「を」読んでいますか、それとも英語「で」読んでいますか? 世界の教育に影響を与えたブラジルのパウロ・フレイレという人は、単に文字の字面を読むのではなく、言葉が表す「世界」を「読む」ことが重要だと考えました。また「教育とは伝達ではなく、思考・認識の対象をめぐる教師・生徒の対話である」とも主張し、教師のコトバを生徒が貯め込む「預金型」教育モデルを批判しました。こんな内容を扱うのが、教育哲学や教育理論の分野です。

高校へのメッセージ

大学は、自分の足で人生を歩む基礎を作るところ。既に言葉になっている知識を消費するのではなく、世界に直接向き合い自分で意味をつかみ取る。そうした学びを通じて、人生で生かせる本物の力をぜひ身につけて欲しいですね。

upBtn