恵泉女学園大学

MENU
本学について

3つのポリシー

人文学部 日本語日本文化学科

ディプロマ・ポリシー

1.日本語と日本文化の特徴について深く理解し、国内外に発信できる人材を養成する。

2.日本の歴史や古典文学や美術などに関する幅広い知識を有し、国際化時代に通用する教養人を養成する。

3.高度な日本語能力を身につけ、教育や創作表現などを通じて社会に貢献できる人材を養成する。

カリキュラム・ポリシー

1.「日本語」、「文学・文芸創作」、「日本文化」についての基礎的な、さらには専門的な知識を習得する。

2.少人数のゼミに所属することで、自主的な調査能力、問題提起能力、プレゼンテーション能力を養う。

3.「日本」の枠組みを超えた幅広い知識を習得することによって、日本語と日本文化を相対化する視点を養う。

アドミッション・ポリシー

1.日本語と日本文化について学ぶことを強く希望し、

2.国際化時代に通用する幅広い教養を身につけることを望み、

3.教育や創作表現を通じて社会に貢献したいと考える学生。

ページトップに戻る

人文学部 英語コミュニケーション学科

ディプロマ・ポリシー

1.世界の人々と英語でコミュニケーションをとることができる。

2.運用能力の正確さと感性の豊かさの両方を備えた英語を使うことができる。

3.世界の人々と相互に理解しあい、共感しあえる能力と態度を身につけることができる。

カリキュラム・ポリシー

1.英語コミュニケーション能力に重点を置く。

2.2年-4年を通して3領域から人間・言語・文化・社会について学ぶ。

アドミッション・ポリシー

1.英語に興味・関心を持ち、一生懸命に英語を学ぶ姿勢がある学生。

2.人と人とのコミュニケーションを大切にし、その実践に取り組もうとする意欲のある学生。

ページトップに戻る

人文学部 歴史文化学科

ディプロマ・ポリシー

1.本学の教育理念への理解と習熟、そして大学教育を受けたものとして相応しい知識の習得をなすこと。

2.多様な文化領域ならびに文化史への理解と特定の文化領域ならびに文化史に対する高度な知識を獲得すること。

カリキュラム・ポリシー

1.1年次 大学教育への導入として少人数制による教養基礎演習の展開と大学での学習に必要とされる知の技法の獲得を目指し、文化領域・文化史に対しての基礎的理解の育成に努め、第一、第二外国語の積極的履修を奨励する。

2.2年次 オムニバス授業、文化史基礎研究、文化史基礎演習、関連科目の履修などを通して、できるだけ多様な文化領域・文化史への関心と理解を育成するとともに文化学方法論の習得を目指す。基礎講読科目においては文献へのアクセス方法ならびに読解法の習熟を目指す。また必要とされる第一、第二外国語の積極的履修と習熟を図る。

3.3年次 研究領域の確立と卒業研究への準備期間とし、研究領域における方法論の確立と研究領域に必要とされる関連・展開科目の履修を奨励する。
後期において、ゼミ論文を課し、卒業研究へのスムーズな移行を図る。

4.4年次 卒業研究の継続的、積極的取り組みを奨励し、ゼミ論文または卒論を作成する。

アドミッション・ポリシー

1.大学教育において必要とされる基礎的な学力を有するもの。

2.国または地域における文化に対する豊かな関心と理解をもつもの。

3.高等学校教育課程における外国語ならびに地理歴史、または公民などを履修し、適切な成績を収め、それらの教科に対して深い理解と関心を持つもの。

4.入学後、文化学科での学習において積極的な姿勢が見込まれるもの。

ページトップに戻る

人間社会学部 国際社会学科

ディプロマ・ポリシー

1.複合的な視点で国際問題を理解・分析できる人材を育てる。

2.人権や平和に対して高い意識をもった人材を社会に送り出す。

3.国際協力や開発の分野で、将来、指導的立場で働くことのできる人材を育てる。

カリキュラム・ポリシー

1.基礎科目の充実

2.体験を相対化し社会科学的に考える

3.学際的構成(人間社会コース)

アドミッション・ポリシー

1.人間と社会に対する関心や好奇心が旺盛であること。

2.社会的弱者や少数者に共感する感性を有すること。

3.国際協力やボランティア活動に関心を有すること。

ページトップに戻る

人間社会学部 現代社会学科

ディプロマ・ポリシー

1.現代の社会問題・環境問題について、グローバルで多角的な視野から構造を把握するとともに、その問題が現れる現場に寄り添いながら理解を深める。[問題認識・理解]

2.さまざまな環境に身を置き、いろいろな人びと出会う中から、多様性を認め合う価値観に基づき、1人ひとりが自立しながら人びとが共生する社会を構想できる。[社会構想]

3.現代社会におけるメディアやアーキテクチャーの重要性を意識しながら、人と人・人と自然が持続的に共生していくために、時代に合った新たな仕組みを提案できる。[対案発信]

4.社会問題の解決に関わる実践的な知とスキル、さらに行動力とコミュニケーション力を身につけ、必要に応じて社会を変えていくために力を発揮できる。[問題解決]

カリキュラム・ポリシー

1.現代社会の複雑な問題を題材にして、文系・理系の枠を超えて、環境学・社会学・メディア研究(自然・社会・メディア)の視点から、物事を総合的に捉える力を身につける。

2.他者の立場から社会や環境について考えられるように、現実の社会の中で学ぶこと、体験を通して学ぶことを積極的にすすめる。

3.学んだことを積極的に社会へ発信していくことで、理解を深めるとともに表現力やコミュニケーション力を養う。

4.現代社会のニーズに応えるために、最新の知識や動向に触れる機会を求め、問題の本質を深く考える。

アドミッション・ポリシー

1.現代社会に特徴的な問題(食と環境、メディアとコミュニケーション、多様性と共生社会など)に興味・関心があること。

2.人と人、人と自然が豊かに共生する社会をめざして、他者の声に耳を傾けるとともに積極的に情報発信する意志を持っていること。

3.さまざまな人びととのコミュニケーションを通して、よりよい共生社会の実現にむけて、その仕組みを変えていくために努力できること。

ページトップに戻る

人間社会学部 社会園芸学科

ディプロマ・ポリシー

1.生活者として地域の活動に関わりながら、持続可能な社会を営むために必要な知識と技術を提供できる自分を形成する。

2.人を信頼して、人に信頼されて、補いあうことができる自分を形成する。

3.人と人とのあいだで発生する問題に対し、心理学と園芸学の学問領域における研究方法を用い、分析・考察できる自分を形成する。

4.有機園芸や環境に配慮した園芸の実践により、持続可能な地域環境を創ることができる自分を形成する。

5.保育、養護、介護等対人援助分野において、人と人との豊かな関係を構築できる自分を形成する。

6.コミュニティーガーデン等の社会園芸活動を通じて、新しい地域環境や地域社会を創ることができる自分を形成する。

7.学校や地域において菜園教育を担い、その指導者となれる自分を形成する。

カリキュラム・ポリシー

1.自然に恵まれたキャンパスで、キリスト教精神に支えられた少人数教育を背景にして、心理学と園芸学の学びを通して人間形成を促進する。

2.多元的な社会の多様性を理解し、他者との人間関係を構築し、協力して課題を解決する力を身につける。

3.冷静に事態を対象化して、適切なデータを収集し、統計分析等を通じて社会的な活動のために発信する能力を養う。

4.社会の仕組みを理解し、地域社会の中でプロジェクトを設計し、実行する力を養う。

5.地域の中で園芸を活用して、人と人との豊かな関係をつくりだすコミュニケーション力や実践力を実体験を通じて養う。

アドミッション・ポリシー

1.自身の生き方を省みて、自分の行動を統御できること。

2.他者に関心を向けて、共感的に理解できること。

3.現代社会で起こっている出来事に好奇心を持ち、疑問を発して応答できること。

4.経済発展や効率性が最優先されがちな現代社会の中で、地域や家庭における人と人との関係が希薄になりつつあるといった、人と人との関係性について興味・関心があり、その状況を改善したいという想いがあること。

5.学科の理念(ディプロマ・ポリシー)に理解して支持していること。