KEISEN小学校英語活動指導者養成講座

2011年度より公立小学校において外国語活動が必修化されることになりました。この活動の目標は、音声を中心に外国語に慣れ親しませる活動を通じて、言語や文化について 体験的に理解を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成し、コミュニケーション能力の素地を養うことであり、こういった活動に対応する教員や協力者の要 請が急務となっています。
そこで恵泉女学園大学では、「教員と地域住民を対象に、英語の発音と表現力に優れた英語活動指導者を養成すること」を目的として、読み聞かせ、発音訓練、合唱を含めた、発音矯正と表現力向上のためのプログラムを2008年度より展開しています。講座のしめくくりは,受講者がチームとなって行う、稲城市立小学校での授業実習です。指導者としての表現力と技能が、実際の教育現場で試され、磨かれることによって、全30回60時間のプログラムが終了し、受講者は認定証書を手にします。

発音矯正と表現力向上のためのプログラム概要

カリキュラム内容

発音訓練(9回18時間)

発音訓練によって、英語の子音を明瞭に発音するための呼吸方法、発音に必要な器官や筋肉の使 い方、英語音(子音と母音)の分析方法などを集中して学ぶ。とくに、カタカナ発音を矯正し、通じ る音を自分で作ることを可能にする訓練として、呼吸法、口腔器官の動かし方、顔面の筋肉の使い 方等も学び、アルファベット原音の作り方や語の連結やリズムを体得する。

目標行動

  • アルファベット26文字の原音の作り方を、呼吸と口腔器官(舌、唇、筋肉)の動かし方や形などによって説明でき、明瞭に発音することができる。
  • カタカナになっている身近な単語100語を明瞭に発音できる。
  • 5行から10行程度の詩を暗誦し、自然な語の連結やリズムで表現できる。
 

読み聞かせ訓練(12回24時間)

絵本の読み聞かせ訓練では、ストーリーやメッセージを効果的に表現するための姿勢と発声の仕 方、発音、テンポ、声の大きさや間のとり方、表情、などの読み方についての技術を修得し、聞き 手と心の交流を可能にする読み手、語り手になるための基礎を学ぶ。さらに、児童に語りかけ、児 童を惹き付ける読み聞かせのできる授業者を目指し、褒める言葉を含むクラスルームイングリッ シュの暗誦と活用を学ぶ。

目標行動

  • 課題絵本3冊を暗誦する。
  • 児童が絵本をよりよく鑑賞できるような工夫(声の大きさや高低、読む速さ、表情、絵本の提示方法)に配慮して人を惹き付ける読み聞かせができる。
  • クラスルームイングリッシュ50種類を適切に使うことができる。
 

合唱訓練(3回6時間)

合唱や歌唱を通して、自他の音声を注意深く聴き、調和させる体験を重ねる。このことによって、 英語音をリズムやメロディーとともに体験し、繰り返し歌うことによって発音の定着と音の識別力 を向上させる。楽曲は、歴史や文化を体感できる、人類に普遍的な価値やテーマを内包するものを 選び、それらを、楽器や譜面を用いずにアカペラで歌う。

目標行動

  • 繰り返し歌唱することによって音を定着させることができる。
  • 音の違いを識別し、自他の音を矯正できる。
  • 合唱することで他者との調和や協調を楽しむことができる。
 

授業実践(6回12時間)

実際に児童生徒の前で英語活動を行う実践の場に立ち、他の受講者と数名のチームとなって1ク ラス45分間を1回担当する。そのために、稲城市立小学校で英語活動を行っている恵泉稲城英語教 育研究会の英語活動をまず参観し、授業の流れや留意点を確認する。次に、指導案作成、教材準備、 授業のリハーサル(クラスルームイングリッシュを駆使する)を行い、最終的に稲城市内の小学校で の授業実習に臨む。

目標行動

  • 児童の前で、明瞭な発音と自然なイントネーションで読み聞かせができる。
  • 45分間の英語活動の指導案を作成し、必要な教材を整えることができる。
  • クラスルームイングリッシュを効果的に使いながら英語活動を実践できる。

KEISEN 小学校英語活動指導者養成講座案内2009

英語の発音を学び直して英語の表現力を高めませんか

学習指導要領の改訂による小学校外国語活動の必修化に対応するため、恵泉女学園大学では現職 教員と地域住民を対象に、英語の発音と表現力に優れた英語活動指導者の養成講座を開設します。

期間 2009 年8 月~ 2010 年2 月(2 時間× 30 回)
日時 原則として金曜日夜(17:45 ~ 19:45)と土曜日午前中(10:00 ~ 12:00)(隔週)
場所 恵泉女学園大学多摩キャンパス(多摩センター駅よりスクールバス利用可)
多摩市南野2-10-1
参加資格 大学・短期大学卒業程度の学力を持つ成人
内容 発音訓練(9 回18 時間)
読み聞かせ訓練(12 回24 時間)
合唱訓練(3 回6 時間)
授業実践(6 回12 時間)
レベルチェック・認定試験・まとめを含む
受講料 教育委員会の承認を受けて参加する現職教員は無料
一般:資料代5,000 円
募集人数 20 名(希望者が多数の場合は面接等により決定します)
その他 プログラム修了者に対しては本講座の修了証を授与します。
修了者は,恵泉英語教育研究会(KEES)のメンバーとして、英語活動に関する研究・ 研修活動に参加することができるほか、地域小学校での英語活動にも関わることがで きます。そして、本学における履修証明プログラムに登録し、専門性を高める道も開 かれます。
問合せ先・申込み先 恵泉女学園大学教育研究支援センター
Tel:042-376-8339  Fax:042-376-8218
(担当 小関 毅彦 OZEKI, Takehiko)

スケジュール

日程 時間 内容
1回 2009年8月7日(金) 17:45 ~ 19:45 読み聞かせ1(レベルチェック)
2回 2009年8月22日(土) 10:00 ~ 12:00 発音1
3回 2009年8月29日(土) 10:00 ~ 12:00 発音2
4回 2009年9月11日(金) 17:45 ~ 19:45 読み聞かせ2
5回 2009年9月12日(土) 10:00 ~ 12:00 発音3
6回 2009年9月16日(水) 8:30 ~13:30 授業実践1(英語活動参観実習)
7回 2009年10月3日(土) 10:00 ~ 12:00 発音4
8回 2009年10月9日(金) 17:45 ~ 19:45 読み聞かせ3
9回 2009年10月17日(土) 10:00 ~ 12:00 発音5
10回 2009年10月23日(金) 17:45 ~ 19:45 読み聞かせ4
11回 2009年10月31日(土) 10:00 ~ 12:00 発音6
12回 2009年11月6日(金) 17:45 ~ 19:45 読み聞かせ5
13回 2009年11月7日(土) 10:00 ~ 12:00 読み聞かせ6 ( 大学祭で発表)
14回 2009年11月7日(土) 13:00 ~ 15:00 読み聞かせ7(  〃  )
15回 2009年11月13日(金) 17:45 ~ 19:45 読み聞かせ8 ( 実習準備1)
16回 2009年11月21日(土) 10:00 ~ 12:00 発音7
17回 2009年11月27日(金) 17:45 ~ 19:45 読み聞かせ9(実習準備2)
18回 2009年12月5日(土) 10:00 ~ 12:00 発音8
19回 2009年12月12日(土) 10:00 ~ 12:00 発音9(発表)
20回 2009年12月18日(金) 17:45 ~ 19:45 授業実践2(実習準備3)
21回 2010年1月8日(金) 17:45 ~ 19:30 合唱1
22回 2010年1月9日(土) 10:00 ~ 12:00 合唱2
23回 2010年1月9日(土) 13:00 ~ 15:00 合唱3(大学チャペルで発表)
24回 2010年1月22日(金) 17:45 ~ 19:45 授業実践3(実習準備4)
25回 2010年1月30日(土) 10:00 ~ 12:00 授業実践4(KEES学生と準備5)
26回 2010年2月3日(水) 8:30 ~13:30 ※授業実践5(小学校で実習)
27回 2010年2月12日(金) 17:45 ~ 19:45 授業実践6(振り返りと改善)
26回 2010年2月17日(水) 8:30 ~13:30 ※授業実践5(小学校で実習)
28回 2010年2月20日(土) 10:00 ~ 12:00 読み聞かせ10(認定試験) 
29回 2010年2月20日(土) 13:00 ~ 15:00 読み聞かせ11(認定試験) 
30回 2010年2月26日(金) 17:45 ~ 19:45 読み聞かせ12
(まとめ・振り返り・認定証書授与)
upBtn